ひとつ先を読む「逆張り」戦略 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

ひとつ先を読む「逆張り」戦略

社会情勢に耳を傾け、どの国がどのような状態にあるのかということを常に把握し、情報網を張り巡らせておく。また、そういった情報収集以外にも、外為チャートを注意深く分析し、その後どう動いていくかを予測していく。FXで収益を上げるためには、膨大な情報量から様々な戦略を張り巡らすことが大事です。
FXには、多くの戦略的な手法がありますが、基本ともいえる「逆張り」という方法は現在の市場の流れとは逆の買い方または売り方をすることで、この戦略のポイントは、「ひとつ先を読む」いうことです。
例えば、チャートで下がり続けている為替があれば、あえてそれを購入するという方法が「逆張り」です。なぜ下降トレンド状態の為替を買うのか不思議に思われることでしょう。つまり、チャートが下がると言うことは、その為替は“買われすぎ”であると判断します。今後、下がっている為替の流れはもうすぐ変わるだろうと予測して、最安値のタイミングを狙って購入するのです。
通貨には、適正価値というものがありますが、逆張りという手法は、適正価格を超えた買われ方、売られ方をしている通貨に対して有効なのです。
逆張りを実行する際は予測で動くので、当然、リスクは避けられません。しかし、いち早く変遷を読み、流れとは逆の売買を行い、上手くその流れの変遷を読みきったとき、最安値で購入した為替で莫大な利益を得られるのが、この手法なのです。
しかし、いつでも上手くことが運ぶだけではありません。FX業者による強制決済ということも起こり得るので、ロスカットのラインをある程度ゆとりを持って設定しておかなくてはいけません。そうすれば、トレンドの流れが変わる前に自動的に売られるというリスクを回避することができるでしょう。常にしっかり市場を分析しておけば、大きな読み違いも少ないものです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.