買値と売値の差額、スプレッド 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

買値と売値の差額、スプレッド

FX取引における「スプレッド」というFX用語は、比較的よく使われるものですが、このスプレッドの意味がわからなかったためにFX取引に対して躊躇している人もいるようです。「スプレッド」は、意味をしっかりと把握すれば使い方の難しいものではありません。非常に大きな不況の波が金融市場を襲っている現在において、ひとつのFX用語がわからなかったために選択肢の幅を狭めていては、この不況を生き抜くのは難しいでしょう。しっかりと理解して取り組んでみてください。
FX用語にある「スプレッド」は、「買値と売値の差額」を意味します。
「スプレッド」は、海外における市場だからこそ発生するもので、国内株取引には存在しない概念です。各通貨間で取引する場合、別の通貨に変える際に僅かに金額に差が出ますが、これを「スプレッド」と言っています。ニュースなどで、「1ドル=92円50銭〜55銭」という表示を見かけたことはあるでしょうか。金額に幅があり、妙に曖昧だと思いませんでしたか?これは、「大体これくらい」という意味ではありません。この場合は、「もし1ドルを円に変えるとしたら、92円50銭が必要だが、円を1ドルに変えるには92円55銭が必要」という意味の表記で、FX用語ではここで取引された場合に出る差額を「スプレッド」と言います。
この「スプレッド」は証券会社によって異なり、簡単にいうと手数料のようなものです。証券会社はこの差額を手数料として受け取っています。
最近は、手数料無料という証券会社が増えていますが、これはスプレッドがあるので通常手数料が無料でもOKというものです。
FX取引を行う際の証券会社選びに条件をチェックする際には、手数料だけで判断するのではなく、スプレッドの割合がどれだけ小さいかもチェックしておく必要があります。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.