損を最小限に抑えるリスクヘッジ 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

損を最小限に抑えるリスクヘッジ

FXの世界は、経済が悪化すれば各国の通貨が買いやすい値段で購入できるようになるため、比較的、経済状況が悪い時期にチャンスが来ると言われています。とは言え、経済状況が悪くなれば、それだけリスクも生まれます。FXは株と違って銘柄そのものが潰れるという事はありませんが、世界が混乱したリーマンショックのように、大手金融会社が破綻するという事もあり得るのです。
FXにはリスクがつきものと捉えて、通常以上に不況時のリスク管理を怠ってはいけません。
リスクを出来るだけ軽減するためのリスク管理の方法を「リスクヘッジ」と呼びます。また、単に「ヘッジ」というFX用語もありますが、これも同じような意味を持っています。このように同じ意味を持つFX用語はセットにすると覚えやすいものです。
「リスクヘッジ」とはリスクを回避するための手法ですが、損をしないための方法ではなく、損を最小限に抑えるための方法です。
リスクヘッジこそがFXにおける最も重要な事項と言えます。リスクヘッジには様々な方法があります。最も有効なリスクヘッジは、ロスカットでしょう。また、欲張らずに買い控えるのもリスクヘッジのひとつですし、分散投資や注文の工夫で、大きく儲けるよりも堅実な取引を行うことも、立派なリスクヘッジの手法です。
FXを行うに当たって最も重要なことは、景気の動向に関わらず、まずリスクヘッジに関する情報を一通りしっかり頭に入れることです。リスクヘッジには様々な方法があるので、最初は混乱するかもしれません。しかし、リスクヘッジを軽視すると、最初は好調に進んだとしても、後で大きなどんでん返しにあった場合、回避が出来なくなります。そうならないよう、保険の意味でもリスクヘッジを心がけておきましょう。


Copyright © 2010 FX用語解説サイト All Rights Reserved.