利食いによる利益の確定 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

利食いによる利益の確定

FXにおいてロスカットが出来なければ、必ずどこかで大きな損害を被るというほど、ロスカットは重要です。ロスカットとは、FX用語で言う「損切り」のことです。
その反対の意味に、FX用語で言う「利食い」という用語があります。FX用語を見てもよく目に付く言葉でしょう。これもFXにおいては非常に重要な手法です。
「利食い」の手法は、「現在確立しているポジションで利益が出ている場合、それを早めに売って利益を確定させること」です。つまり、早めに確定させることで、利益を確保すると言う取引の方法ですが、FXにおいては、この勝ち逃げに似た手法である「利食い」は非常に重要な取引方法です。簡単に言うと勝ち逃げ、と言えますが、利食いを行うことは、FXでは当然のこととして、非難される事はありません。
利食いによって利益を確定させたとしても、相場は常に変動しており、先の動きなど誰にも読めないものです。
利食いによる取引を終えたあと、利益が出ていた通貨が更に伸びる可能性もあり、待っていればもっと大きな収益が得られたかもしれません。早々に利食いしてしまったために失った機会については、後悔していてもきりが無く、キッパリと諦めるしかありません。
逆に利食いによる取引後、通貨の値が下がる可能性もあります。このようなとき、人の心理状況は、「再び持ち直すのではないか」と言う強い願望を抱くもので、この状態でも大事なタイミングを失いやすくなります。一度、良い体験をしているときほど、期待や願望は強くなるもので、そうなればロスカットすらできなくなってしまうものです。
利食いは簡単なようでいて、実は非常に決断力の要る手法です。利食いを実行する判断は、自分自身が決めるものですので、一番、余裕があるときに決断するのがベストなのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.