シグナルによるサインをキャッチする 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

シグナルによるサインをキャッチする

為替市場の動きは刻々と変化します。常に為替市場の動向をチェックしておかないと、FXでは利益を得ることはできません。ほとんど動きのない金利差による収益を考えているとしても、金利差での収益は大きなものではありません。なので、価格変動による値動きの幅に勝る事はまずあり得ないと言っても良いでしょう。どのような通貨ペアであっても、その価格の動きをしっかり予測しておかないと、大きな収益は得られないのです。FXにおける「シグナル」は、こう言った為替市場の変動を把握するためのFX用語の一つです。
シグナルとは、単独で使われる言葉ではありません。一般的には、「買いシグナル」「売りシグナル」というように使われます。
「買いシグナル」とは、市場が売りに走りすぎている状況で、もう直ぐ値が上がるという場合に「今が買いどき」と言うサインとして使われます。
逆に、市場が買いに走りすぎている場合は、売りを示すサインとして「売りシグナル」が出るものです。FXにおいては、このサインを敏感にキャッチしなくてはなりません。そこで、このサインを見つけるためには、「相対力指数」と呼ばれるデータを使います。
テクニカル指標の一つである「相対力指数」は、RSIとも略されます。この数値の算出方法は過去の一定の期間における上げ幅の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を、足した数字で割り100をかけてパーセンテージに表します。
この計算で上昇分の割合を把握し、割合が高いほど上昇率が高いとなります。
この数値が70%を超えると上昇しすぎ、つまり買われすぎという意味になり、「売りシグナル」の対象となります。また、数値が30%以下の場合は売られすぎを示し、「買いシグナル」の対象になります。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.