「気配値」で注文数を確認する 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

「気配値」で注文数を確認する

為替取引を行う場合、通常は一対一でのトレードはFXにおいてはありません。為替取引は不特定多数の人で行われます。そして、為替相場における価格は、最も高く買おうとしている人と、最も安く売ろうとしている人たち、それぞれが出す注文値の接点が基準となって決まります。ただし、注文は必ずしもその接点のみが出されるわけではありません。
例えば1ドルが95円の相場の時に、1ドルを94円50銭で買おうと思って買い注文を出す人もいれば、1ドルを95円50銭で売ろうと考えて売り注文を出す人もいるでしょう。
投資家はこの数値を気配値と言って見ています。
「気配値」というのは、FX用語の一つで、その為替の今後の値動きがどのように変化していくかという気配を示した値と言う意味です。気配値に示された数値は、まだ、売買が成り立っていない数値です。売り注文と買い注文の希望の値と言ったほうが分かりやすいかもしれません。
株取引でも、同じような売り注文と買い注文の見込みを気配値と言っているので、FX用語として知らなかったとしても、気配値という言葉には聞き覚えがあるのではないでしょうか。FXでも株取引でも投資対象は違えども気配値の持つ意味は同じです。
さて、気配値はどのようにして決まるかを具体的な例で示します。
現在1ドル=95円とした場合、95円で売ろうと考えている人より95円以下で買おうという人が多い場合、ドルに95円以下の価値を求めている人が大勢いるため、市場的には、その為替は値を下げることになります。
逆に、95円で売ろうと考えている人より95円で買おうと考えている人が多い場合は、95円でもこれだけ売れるならもっと上の値で売れると考えられ、為替の価格は上がります。こういった動きは、全て気配値によって決まるのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.