小さな元本で大きな収益を得る「レバレッジ」 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

小さな元本で大きな収益を得る「レバレッジ」

FXには、自分の所持金よりも大きな額での取引が可能になるという特長があります。
普通の取引は証券会社の口座に入っている現金の範囲内で為替の購入を行います。
例えば10万円が口座にあるとすれば、これを1ドル=100円の時に換金すると、手数料やスプレッドを差し引くと1,000ドル未満となります。このとき、仮に円安が進んで1ドルが105円となったとしても儲けは5千円以下にしかなりません。ただし、ここで計算したような為替市場が5円も動くということはめったにありませんので、実際に10万円で稼げる金額は多くは無いということになります。
そこで、FXには、手元に10万円しかなくても、それ以上の取引ができるシステムがあります。FX用語で言う「レバレッジ」です。
小さな力で大きなものを動かすという「テコの原理」を意味する「レバレッジ」は、証券会社の口座にお金を預けた場合、その元金の何倍もの額で取引ができます。株取引で言う信用取引と同じ形になりますが、株の場合は3倍までと決まっています。しかし、FXの場合は倍率が違います。数十倍、数百倍という倍率で行っている証券会社もたくさんありますし、なかには300倍、400倍を設定している会社もあります。
しかし、レバレッジは、儲けを得るばかりではありません。高い還元率のある取引は、高いリスクも伴うことを心得ておきましょう。
レバレッジでの取引の例として、口座にある所持金10万円を使ってレバレッジ300倍で取引を行うとしましょう。このお金で1ドル=100円のレートでドルを購入します。この場合、通常だと1,000ドルも購入できませんが、レバレッジを利かすと30万ドル程度の購入が可能です。そして、その後もし1ドルが105円に上がった場合は150万円の儲けとなります。10万円の元金で150万円を稼げるのです。しかし、1ドルがもし95円まで下落した場合は150万円の借金となります。ハイリスクハイリターンの取引がレバレッジです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.