アメリカドル円 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

アメリカドル円

世界経済の中心、アメリカドルと、わが国日本の円。この組み合わせが、日本国内におけるFX取引の中心であることは周知の事柄です。
このアメリカドル円というものは、FX取引上、非常に良く使われる言葉なので、問題なくFX用語として成立します。「アメリカドル円」は「米ドル円」とも表示され、FX用語として理解しておきましょう。
たとえFXを良く知らないという方でも、2008年はアメリカドル円において、非常に大きな動きがあったことは想像が付くのではないでしょうか。2008年はリーマンショックがあった年です。2番目の規模を誇っていたアメリカの証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破たんしたことで、アメリカの経済は混乱に陥り、その痕跡は、アメリカドル円の推移に如実に現れました。2007年から2008年3月まで、アメリカドル円は右肩下がりが続いていました。様々なメディアでアメリカ経済の不調が度々取り上げられていました。次期大統領候補同士の決戦もアメリカ経済の話題が中心になるなど、世界全体がアメリカ経済の回復に注目していました。
そのような状況の中で、アメリカドル円は4月以降下げ止まり、上昇トレンドに移行しました。また、アメリカドル円を活発化させた要因には平成のオイルショックともいうべき状況も影響し、アメリカドルを買う動きが出た可能性もあります。しかし、その後の9月、リーマンショックの勃発により、一時110円まで上がったアメリカドルは、一時期90円を割り込むところまで急激に下落します。リーマンショックの影響は大きな衝撃でした。アメリカドル円は、2008年末現在では90円台で推移しています。これが再び上昇するのにはもう少し時間がかかると予想されていますが、大統領にオバマ氏が選出されたことで、アメリカ経済回復への期待感から上昇を呼び込む可能性も期待できるかもしれません。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.