オーストラリアドル円 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

オーストラリアドル円

オーストラリアドル円の組み合わせは、ニュージーランドドル円同様に非常にメジャーな表記で、FX用語として扱われています。通常、通貨の組み合わせはFX用語には含まれないものですが、オーストラリアドルと円の組み合わせのように非常に有名な組み合わせに関しては、FX用語として扱われています。オーストラリアドルは、表記される場合、「豪ドル円」とも書かれます。
ニュージーランドドルほどではないにしても、高金利な通貨として知られているオーストラリアドルは、世界経済に大きな影響を与える通貨でもあります。また、この通過は資源の市場にも非常に大きな影響を受けます。
実際にオーストラリアドル円が、2008年に辿った推移を見てみましょう。
この年の年初めは、しばらく上昇し3月になると下降しました。その後、上昇に転じ、7月下旬まではずっと右肩上がりとなったため、非常に好調な推移であることをうかがわせました。その後、7月末にあっという間に一転して急落します。これは、原油下落の影響とオーストラリア自体の景気後退観測が発表されたことが影響しています。
この年の急落は避けられなかったとしか言いようがありません。資源の影響を受けたところに自国の景気が悪いというアナウンスがされたわけですから。
この影響で同時期に急落したものに、ニュージーランドドルがありますが、この推移を見ていると、この二つの国の連動性が良く現れていると言えるものです。
そして、リーマンショックで非常に大きな打撃となりました。9月15日の破綻が決定した後、オーストラリアドル円は、下降トレンドが一気に加速します。一時は100円を超えていたものの、2008年末には50円台まで落ちてしまい、60円前後を推移しました。
今後は、この水準で上下していくのか、再び回復するのかは、国内の景気に大きく左右されます。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.