不況にも強い、売りから入る取引方法 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

不況にも強い、売りから入る取引方法

2008年下半期は各国の為替が大幅に値下げしたリーマンショックが起こった年です。これにより大変な打撃を受けた人もいますが、FX取引は値が下がれば下がるほど得をする方法があるため、必ずしもすべての投資家にとってこの状況がマイナスになったわけではありません。逆に、この状況を利用して大きな利益を得た人もいたかもしれません。
不況に利益を得る取引方法、それは「売りから入る」という方法です。
「売りから入る」と言う取引方法は、通常考えられている注文方法とは逆のやり方です。為替市場に限らず、物を買うときは、「買ってから売る」といった方法が普通でしょう。金融取引の場合では「割安な為替を購入して、その為替が値上がりしたら売る」という形になるでしょう。しかし、FXではその逆の取引が可能です。つまり、売りから入るのです。このFX用語である「売りから入る」という言葉だけを聞けば、意味がわからないという人も多いのではないでしょうか。しかし、この「売りから入る」という方法は、FX取引においてはよく使われる注文方法なのです。
この「売りから入る」というFX用語について詳しく解説します。
FXでは、証券会社から通貨を借りることによって、実際は「持っていない通貨」を、「持っているもの」として売ることができます。借りる場合、現在の価格が割高という為替を選びます。そして、価格が安くなったら買い戻して証券会社に返すという方法が「売りから入る」といわれる方法です。つまり、取引の開始が、買うことよりも外貨を売ることから始まるのです。同じ意味で「売りポジションを先に確保する」という表現もFX用語には存在します。
売りから入る取引方法ならば、今後下がるだろうという予測を立ててその通貨を売り、そして高確率で下がるのを待って利益を得るといった方法もとれるので、円高や不況下においても利益を狙えるのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.