機会損失にならないために 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

機会損失にならないために

FX取引は、金融投資としては不況下において強いものであると言われています。
株のように一気に数分の一に価値が下がることもなく、対象が通貨なので株券のようい会社の倒産などの影響で価値が失われ、ただの紙切れと化してしまうことがない、と言ったことが、不況に強いと言われている理由です。さらに、FX用語で言われる「空売り」と言う取引方法にあるように、「持っていない通貨を借りて売る」と言う空売りでは、売りの立場から先に売買を確立できるので、不況でも稼ぎやすい金融投資となるのです。このように、不況に強いと言われるFX取引ですが、FX用語にある「機会損失」をしていれば、いくら不況に強くても儲かるはずがありません。
機会損失とは、文字通り「儲ける機会を逃す」という行為です。慎重になりすぎるとこの機会損失を起こしやすいようです。
例えば、非常に大きな値動きがあった場合でも、通貨を買わずにスルーしてしまったり、自分が所持している通貨が大きく値上がりしたにもかかわらず、持ったままで売らずにいる行為のことです。為替相場は、刻々と変化しています。しかし、取引に対して神経質になりすぎて、「もう少し待てば、また状況が一変するのでは」と足踏み状態でいると、絶好のタイミングを逸してしまいます。警戒しすぎた結果、実行に移せない状況が、機会損失につながっているのです。
FX取引において、不況というのは悪いことばかりではありません。不況は一種の好機として捉えられています。不況と言う状況が後押しして、勢いで売り注文を出す人が多くなり為替市場は非常に大きく下落します。しかし、その値が底を付いた場合は逆に反発をして上昇するケースがあり、その状態での通貨は、かなり割安感のある状態になります。それが、2008年末から2009年に起こった状況ですが、このときに動かなければ機会損失となったのです。機会損失と言うFX用語は、すべての金融投資で使われています。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.