現時点の相場で将来の売買を約束する、先物取引 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

現時点の相場で将来の売買を約束する、先物取引

FXの取引上の手法に、「先物取引」というFX用語があります。
先物取引と言う言葉はFX用語としてだけではなく、株などの金融取引でも使われている用語なので、聞いたことがある方も多いことでしょう。
先物取引とは、通常の取引方法とは若干異なります。通常、取引として行われる方法は、価格と数量を決めた後、その注文に合った売り注文がある場合に売買が成立するものですが、先物取引の場合は、購入したいと思う商品の価格や数量などを先に決めておき、それをいつ売買するか、将来の取引の日程を決定して約束を交わします。そして、指定した取引日が来た時点で売買を行うというものです。つまり、現時点の売買価格で先の日程で商品を購入がするのが先物取引です。
アメリカドル円の取引例で見ると、現時点で1ドルが90円となっている場合、1,000ドルで9万円を購入し、先物取引で1週間後の決済日にこれを売買するよう注文したと仮定します。注文が成立したら、一方は1週間後に1,000ドルで9万円を購入し、もう一方は9万円を1,000ドルで売却することになります。もしここで、価格に変動が無かった場合は先物取引としての意味はありませんが、1週間後に為替レートが1ドル=95円になった場合、1,000ドルで9万円を購入した人は、現在ならば1,000ドルで9万5千円が購入できるので5千円の損失がでることになります。一方、9万円で1,000ドルを手に入れた売却側は、現時点のレートだと本来なら9万円で手に入れられるのは947ドルですが、レートが上がったために53ドルの得となります。
「将来的な売買を約束する」という取引方法が先物取引ですが、常に動いている為替相場を見ていると、リスクは高いことも否めません。しかし、ハイリスクとハイリターンは紙一重ともいえるもので、資本よりも大きな収益が期待できるのも先物取引の魅力なのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.