不況に強い空売り 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

不況に強い空売り

FX取引が不況に強いと言われる要因に「空売り」による取引方法があります。
これはFX用語ですが、「実際には通貨は持っていないが、証券会社から借りて売ることによって、その通貨を後で購入して証券会社に返す」と言う投資方法のことです。つまり、信用取引のようなものです。
空売りという言い方は、FX取引上で最も使われることの多いFX用語ですが、意味は多少違いますが、FX用語以外にも金融取引では使われることの多い用語です。
FX取引において空売りをする際には、値上がりが見込まれる通貨だけを探すのではなく、値が下がる通貨を探すことも手法として成り立ちます。これが空売りの最大の特長でしょう。現時点では、割高である通貨を証券会社から借りて売り、その通貨の値が下がったところで購入すれば、返す時点で利益が得られます。通常、売買するという行為は、「価格が安い時に買って高い時に売る」ことで、その差額を利益として出すものなので、市場が低迷した場合には損失が出てきます。FX取引には、「高いときに借りて、安くなったら買って返す」と言う、空売りというシステムがある事で、不況下であっても利益を狙えるのです。こういったことが、FX取引が不況に強いと言われる所以でしょう。
ただし、空売りと言う取引方法は単純なようでいて簡単にはいきません。それは、自分にとって利益の出る動きばかりを追うといった心理が働くためです。
空売りをしようと割安感のある通貨を探している時というのは、ほとんどの通貨が値を下げているように感じられるため、「空売りなら儲けられるのに」と思い込んでしまいます。逆に空売り目線で割高感ある通貨を探している場合は、ほとんどの通貨が値を上げているように感じてしまいます。

欲を抑えるのは人間にとって難しいもので、そういったときに欲を抑えて、冷静に適切な判断をできる人がFX取引の達人といえるでしょう。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.