資金ショートによるリスク回避 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

資金ショートによるリスク回避

あらゆる金融取引において言えることですが、金融取引では絶対に儲かるという保障はないものです。FX取引の場合においても同じです。取引の段階で購入した通貨が下落しすることは十分にあり得ることです。その場合、重要となることは、貨を手放すタイミングでしょう。
通貨の下落によって、所持している通貨が現在のポジションではマイナスとなる場合もあります。更には通貨が取引保証金に対しても割り込んでしまっている状態を、FX用語では「資金ショート」と言います。
資金ショートの状態が進行すると、当然、口座にある証拠金は不足してきます。証拠金が不足すれば、やりくりをして口座に新たな証拠金を追加しなくてはなりません。この、証拠金を追加する作業のことをFX用語では「追証」と言っています。
FX取引では証拠金が一定ラインより減ってしまうと、強制決済され、強制でFX取引が終了してしまいます。ですので、追証を行って証拠金の不足を補っていかなければなりません。追証を行うタイミングとしては、取引の過程で資金ショート状態になったあとに、損失が進めば金融会社から「マージンコール」があり、追証という作業を行います。
マージンコールとは、FX用語で金融会社からの連絡行為を指しています。
まとめると、まず「資金ショート」の状態になったら、「マージンコール」があり、そして「追証」という作業を行うという、一連の流れになります。
資金ショートを経験しないFX取引はあり得ません。なぜならば、どのような通貨であっても、値が上がる日があれば下がる日もあるからです。そのために所持している資金の価値が下がって資金ショートになった場合は、その対処法を心得ておくことが大切です。
これもリスク回避です。
また、FX用語にあるロスカットという手法も重要になってきます。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.