「移動平均線」で市場トレンドを把握する 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

「移動平均線」で市場トレンドを把握する

為替相場の動きを把握するには、各通貨ペアのグラフを見る方法が一番わかりやすいでしょう。ペアグラフとは、通貨がペアとなっての相場が示されたグラフのことで、この二つの相場が示されたグラフを比較しながら、それぞれの連動性などをしっかり分析することで、世界情勢にも関心が高まることから、立体的な為替相場の予想が可能となるため、良い判断材料の循環作用が生まれます。
当然、為替相場を示すグラフには、FX用語が多く含まれていますので、分析をするためには、それぞれのFX用語の意味を理解しておかなくてはなりません。
なかでも特に重要なFX用語は「移動平均線」でしょう。
「移動平均線」とは、グラフに描かれる線において為替相場の一定期間の変動を平均値にしてつないだ線です。例えば、本日までの移動平均線を把握したい場合、本日から4日前までの合計5日間でデータの平均値をとり、この値をつなぐと5日間の「移動平均線」となります。数日間の平均値を取ることで、グラフの極端な上下動がゆるやかな線になり市場全体の傾向が把握しやすくなります。これが移動平均線を作る意味です。
もしも、当日、1日のみの平均値を取って移動平均線にした場合は、このように緩やかな線にはなりません。また、不況時には為替間の値動きの上下動が激しくなるので、移動平均線を取ってなだらかなラインにした方が、全体が見やすくなります。
チャートを見る場合において、この移動平均線は、一見で動向が把握しやすくなっています。その分、多くの人が動向の分析をするうえで参考にしています。
この移動平均線は、チャートで動向を把握する手段の基本となるので、初心者はこの方法をぜひ把握しましょう。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.