OCO注文でリスクを回避する 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

OCO注文でリスクを回避する

FXにはたくさんの注文方法がFX用語として設定されていますが、「OCO注文」と言う言葉も、FX用語における注文用語の一つです。
「One Cancels the Order」の略で「OCO」と呼びます。「Cancels」というのはキャンセルこのと、「Order」は注文という意味で、「OCO注文」の注文方法とは、二つの指値注文を出して、どちらかの条件で約定した場合は、もう一方の注文が自動的にキャンセルされるという方法です。言葉だけを聞くとわかりにくいかもしれませんが、常に市場を監視できない人にはとても便利な注文方法なのです。
OCO注文の一例を挙げましょう。例えば、現在10万ドル持っているとして、為替相場を1ドル=92円50銭とします。所持金10万ドルは、先日、92円80銭で購入したものです。現時点では30銭×10万=3万円の含み損となります。
このとき「5万円以上は損したくない」と考えると、ロスカットラインは92円30銭です。最低でもその額での取引が可能とするには、ここに売り注文を出しておくことですが、そこだけに売り注文を出した場合、一度93円まで上がった後で再び92円30銭に下がったとします。この利益の確定ができるチャンスに即座に対応できなければ、5万円の損失となります。そんなとき「OCO注文」が役に立つのです。
「OCO注文」をすれば、同時に二つの注文を出すことが出来ます。ひとつは、ロスカットラインの92円30銭で売るという注文と、もうひとつは、93円で売るという注文です。ひとつの注文が約定したら、もう片方の注文は自動的に消えます。
もし、一度93円に値が上がって、その後下がったとしても、93円で約定されるのです。
つまり、「損切り」と「利食い」の両方が同時にできます。
このように、先を予測して、数あるFX用語から適切な注文方法を選びましょう。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.