IFO注文による二段階取引 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

IFO注文による二段階取引

FX用語には様々な注文方法があります。「IFO注文」と言う方法もFX用語に含まれるひとつですが、このIFO注文、使いこなせればとても大きな武器になるのですが、FX用語の中でも、特に使い方が難しい手法と言われています。
IFOは、「If Done One Cancels The Order」の略称でIFO注文と呼ばれています。
他のFX用語でもある「IFD注文」と「OCO注文」の複合であることに気がついたでしょうか。IFO注文は、文字通り、複合で行われる手法です。第一の注文を発注する際に同時に第二の注文が発注できると言うシステムです。
IFO注文は主に新規の買い注文の際に使われ、OCO注文は売り注文で使われます。
現在の為替市場が1ドル=98円として、IFO注文使い方の事例を挙げますと、現在の市場動向を見る限りでは、1ドル=97円50銭〜98円20銭までの範囲で値動きしているという分析結果を仮定します。その場合、例えばIFO注文で97円60銭を買い注文、そして98円10銭で売り注文を出せば、利益を得る可能性が高くなります。ただし、理想の結果になるとは限らないということを注意してください。
その後、円高が急激に進んで1ドル=97円くらいまで一気に下落する可能性もあり、そうなった場合は大きな損失となりますし、かといって、ロスカットの売り注文を出しては、収益の機会を失う可能性もあり得るでしょう。
こんなときIFO注文では、一つしか出せない売り注文を、二通り出せますので、このような場合に有効となる手段なのです。先の事例のような場合にIFO注文を使うならば、1ドル=97円60銭で買い注文を出し、もしこれが成立したら、98円10銭、もしくは97円20銭で売る、といった注文方法が良いでしょう。これで、損切りも利食いも可能になるのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.