IFD注文で効率よく売買する 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

IFD注文で効率よく売買する

FXにおける注文方法は、多種多様にあります。使いこなすのは大変なほど数多くの注文名がFX用語の中に含まれています。FX用語を調べればどのくらい膨大かが明らかでしょう。注文方法の種類が多いことは、それだけ戦略の幅が広がるということです。
実際、FX用語にあるだけの注文方法を使いこなせないならば、混乱を招く可能性があると言っても過言ではありません。この不況のなかでFXを行うにあたっては、リスクの軽減を常に念頭に入れながら注文を出すことが大切な要因です。つまり、FX用語に注文に関する用語が多いということは、それだけ不況時でも対応できるさまざまな手法があり、運用がしやすいことだと言えるのです。そのFX用語に、「IFD注文」と言う注文方法があります。これは「If Done」を略した言い方です。Ifというのは英語で「もし〜なら」という意味です。その名のとおり、この注文方法は「もしこうなったら」と仮定形の注文方法です。まず指値注文を出し「もしその指値注文が約定したら、その次の注文が発動する」という取引のシステムになります。
具体例を挙げますと、1ドル=92円50銭の相場の際、1,000ドルで92,200円を購入すると仮定すると、買い注文は、92円20銭に対して1,000ドル分となります。
普通に指値注文を出したならば、92円20銭になった段階で自動的に購入でき、取引はそこで終わります。IFD注文の場合では注文に対する指示の仕方が変わります。「92円20銭になったら1,000ドル分購入し、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売る」という注文をすることが可能になります。こうしておけば、92,200円をドルで購入した後で為替レートが変動して92円80銭に上がった時点で自動的にそのドルが売られ、92,800円が手元に入ります。このように、IFD注文では二段階にわたる注文指示が可能となります。会社勤めなどで日中は注文が出来ない、という忙しい方に、この買って売るという一連の流れをまとめて一つの注文でできるIFD注文のシステムはお勧めです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.