FXにおける「戻り」と「押し目」を見極める 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

FXにおける「戻り」と「押し目」を見極める

FXにおける不況下の動きは、それほど読みづらい状況ではありません。細心の注意を払い微小な単位で為替を見ていけば、細かな上下動きを見極めることができます。
例えば、アメリカ大手証券会社リーマン・ブラザーズの経営破綻による、2008年9月から12月にかけて起こったリーマンショックでは、ほとんどの為替相場で大幅な下落となり、世界経済に大きな衝撃を与えました。しかし、このリーマンショックによる為替の下落は、あくまでも長期的なものでは無く数ヶ月単位でのことでした。この状況は各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。そのチャートの中の一日間に絞って見てみると、上昇している時期もありましたが、その上昇も一時的なもので、またすぐに下降トレンドに戻りました。
FX用語に「戻り」と「押し目」というものがあります。この手法は、FXで利益を得るための重要なポイントとなっています。先のリーマンショックの事例にもあったように、為替の下降トレンド時の一時的な上昇を「戻り」と呼び、逆に上昇トレンド時に見られる一時的な下降を「押し目」と呼んでいますが、どのような通貨ペアでも、どこかでこのような転機を迎えます。
為替の動きは常に下がりっぱなしということはないのです。このような転機だけを待っていては収益を得ることはできないのですが、下降や上昇の合間にある「戻り」や「押し目」は利用できる場合があります。特に不況時にはトレンドのベクトルが強いため転機になりにくいのですが、「戻り」や「押し目」の状況は多く見られるものです。
為替相場をチェックしていて、今はトレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのかをしっかりと見極めましょう。そして、取引にふさわしいかどうかの状況を読んだうえで慎重に取引を行いましょう。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.