FX取引と株取引のロスカットの違い 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

FX取引と株取引のロスカットの違い

金融市場での取引で最も重要といわれているのは、ロスカットと呼ばれる手法をどれだけ精密に、そして正確に迅速に確実に丁寧に行えるかという事です。これはFX取引に限ったことではありません。
ロスカットとは、ある一定の評価損が出ると強制決済されるシステムのことです。
これはある種のリスク管理でもあります。しっかりロスカットの見切りができる人は、取引を有利に進めることができますが、ロスカットが出来ない人は、あらゆる金融取引に向いていないといっても過言ではありません。
FX取引ではよく使われるロスカットですが、これは株取引などでも使われていますので、FX用語として限定されているものではありません。意味は同じなのですが、株取引の場合はロスカットと言うよりも、同じくFX用語の「損切り」と言う言い方がよく使われています。ロスカットと言う言葉の使い方には、多少なりとも株取引とFX取引における概念の違いもあります。
株取引の場合、ロスカットは義務でも強制でもありません。ロスカットを実行するか、しないかの決定をするのは、基本的には自分自身です。また、株取引においてロスカットを自動で行う場合もあります。そのときには、「いくらまで値を下げた時に売る」という形で使います。最近では、「いくらまで上がった場合は売って、いくらまで下がった場合も売る」というような、複合的な注文方法が増えて、理想と現実を両方同時に追いかけられる事が可能となっていますが、あくまでも株取引におけるロスカットは義務ではありません。一方、FX取引のロスカットは、ラインの設定から実行までFX業者によって強制的に施行されます。しかし、「いくらまで下げると売りポジション移行する」というラインを設定するのは自分自身でできます。
ロスカットがあるからこそ、FX取引は、不況においても初心者が利用しやすい金融取引である理由の一つです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.