通貨ペア選びによるFX 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

通貨ペア選びによるFX

FXにおいて、非常に重要な取引手法に「通貨ペア」というものがあります。
FX用語で使われる「通貨ペア」の意味は、「その通貨でどの通貨を買うか、あるいは今もっている通貨をどの通貨に換えるか」と判断する場合を言います。
例えば、アメリカドルと円の間で取引を行う場合は、通貨ペアは、「アメリカドル円」という事になります。ドルで円を買う場合も、逆に円でドルを買う場合も、この表記になります。「アメリカドル円」など、主要な通貨ペアの言葉もFX用語です。FX用語を調べれば、主な通貨ペアは、どのようなものがあるのかを知ることも出来ます。
通貨ペアは、これで勝ち負けの多くが決定するというほどFXにおいては重要な要素です。もちろん、ロスカットのタイミングの判断も重要な要素となりますが、この通貨ペアの決定も外せない重要な要素なのです。
通貨ペアによってレートが大きく異なります。発展途上であり高度成長を見せ経済的に豊かな国の通貨の価値は大きく上がります。逆に大きな経済負担や悪いニュースが流れた国の通貨の価値は大きく下落します。ただし、アメリカドルだけは例外です。アメリカの場合は、全ての国の通貨価値に影響を与えるので、ドルの価値が下落することは、多くの国の通貨が連動してしまうからです。2008年9月前後に起こったリーマンショックによってアメリカドルは大きく価値を落としました。しかも、アメリカドルとは関係のない通貨ペアにおいても、レートは大きく下落しました。つまり、アメリカドルは、それだけ世界通貨への影響力が大きいということです。アメリカドルの例外を除けば、通貨の価値は、基本国の経済の好不調で左右します。
また、どの通貨ペアがいいのか、様々な面から考慮することが必要でしょう。そうすれば、金利の異なる二つの通貨で、金利差の売買によって得られる、「スワップ」が成り立つのですから。


すはだ美


Copyright © 2010 FX用語解説サイト All Rights Reserved.