FXの要となる市場のトレンド把握 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

FXの要となる市場のトレンド把握

FX用語に限らず金融取引の場合、取引チャートの流れのことを「トレンド」と言い、「市場の流れ」「その為替や銘柄の流れ」を指す言葉として使われています。
「トレンド」というと、一般的な捉え方としては「流行」と言う意味で使っていますが、FX用語をはじめとした様々な金融取引の用語では、「流れ」という意味合いから、このように使われています。FX用語で「トレンド」は、上昇トレンド(アップトレンド)、下降トレンド(ダウントレンド)といった使い方をされ、意味としては、上昇トレンドの場合は「市場や特定の為替などが好調であること」、下降トレンドはその逆の為替が不調であることを意味しています。
実際にFXにおいては、「トレンド」を読みきることが、儲ける最大のコツなのです。この「トレンド」の流れは不況時になると、ほぼ常に下降状態となります。しかし、その中で、たまに何らかの機会で流れが大きく上昇し、再び下降という動きを見せます。
下降トレンドの状態が長く続き、その合間にほんの短い上昇の流れが出来るのが上昇トレンドといい、これが最も多いパターンでしょう。
こういった状況で「トレンド」の変遷をしっかり読むことは容易ではありませんが、FXにおける「トレンド」は、不況時においても株取引などに比べれば読みやすい傾向にあります。株取引の場合ですと、株の動きは一人、あるいは複数の仕手の操作によって、全く脈絡なく突然に上下変動することがありますが、経済のニュースなどに比較的忠実な動きをするのがFX市場なので「トレンド」が読みやすくなっているのです。もちろん、全く素直な動きだけというわけではなく、反発する場合もあります。しかし、世の中で大きな出来事が起こればリアクションが確実に起きるのがFX市場なので、ある程度世の中の動きを把握していれば、大けがはしないようにはなっているのです。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.