売市場と買市場の同時表記、2WAYプライス 〜 FX用語解説サイト

main_top_over_navi
main_top

売市場と買市場の同時表記、2WAYプライス

ニュースで経済情報を見る場合にも、「スプレッド」が「買値と売値の差額」ということを理解していれば、これまでと違った見方ができるでしょう。
「スプレッド」の意味を知らない人が「1ドル=92円50銭〜55銭」という表記を見れば、金額の幅が大きいことに疑問を抱くでしょう。この差額が示す意味は「50銭から55銭の間くらい」ということではなく、「ドルを買う場合は1ドル=92円55銭」で「ドルを売る場合は1ドル=92円50銭」という意味であり、FX用語ではこの差額を「2WAYプライス」といいます。つまり売り手市場と買い手市場を同時に表記しているということです。通常、為替市場の表記は「2WAYプライス」で行われています。
「2WAYプライス」には、関連した表記とそれぞれの呼び名があります。
FX用語では、買値である左側(92円50銭)を「ビットレート」、そして売値である右側(92円55銭)を「アスクレート」と言います。
このビットレートとアスクレートの差をスプレッドと考え、この差が大きいほど、取引の際に取られるお金が多いのです。
スプレッドは証券会社によって差があります。FX取引を行う場合には、証券会社に対して手数料とスプレッドを合計してトータルと考えて支払います。
一般的にスプレッドの小さい証券会社では手数料を取る事が多く、手数料無料としている証券会社は、スプレッドが大きめととらえられています。
テレビなどのニュースでもかなり報道されていますが、最近の金融市場の不況を投資のチャンスととらえてオンライン取引を中心に問い合わせが殺到しているようです。まさにFX取引のブームが起こりつつあります。
その中で、新規客を増やそうと手数料無料をうたっている証券会社も増えていますが、手数料のことだけで証券会社選びの判断をしないよう、注意しましょう。


Copyright © 2009 FX用語解説サイト All Rights Reserved.